システム化と個人対応 3

2016年5月13日

今回のお話も最終回です。
例によって私のもう1つの職業でもあるギターに絡めてお話していきたいと思います。
ギターも始めたばかりの頃は基礎練習をして基本的なテクニックを学びそれが出来てくると今度は様々な曲を練習することでテクニックを磨いていきます。
そしてある程度様々な曲を弾きこなせるようになると今度は楽曲をそのままコピーするのではなく「自分だったらどういうアプローチで弾くのか?」
という段階に入っていきます。
これは「アドリブ」とか「インプロバイズ」とか言われていますがアドリブは基礎的なボキャブラリーの蓄積がないとなかなか上手く出来ません。
またアンサンブルの中での他の楽器の音量や表情をよく聴き取り、それに合わせたフレーズを瞬時に構築していくことが求められます。
なのでアドリブを勉強する前の段階でしっかりと様々なフレーズを沢山練習しておかないとなかなか思うように弾くことが出来ません。

柔術もこれに近いものがありますね。
ベーシッククラスやレギュラークラスで学んだテクニックをどう自分のスタイルに組み入れていくのか。

ハーフガードでやったテクニックをダブルガードに応用させたりスパイダーガードからのテクニックをハーフガードに応用させたり。
「そこでこの技やったら逆にやられちゃうよ」
これはアドリブ失敗です。
これらのテクニックの組み合わせはベーシックなテクニックをしっかり理解していないと適切に組合わせることが出来ません。
逆にこのテクニックの組合わせ、技の連携等が出来るようになってきたということはベーシックなテクニックへの理解が相当深まってきたとも言えます。

この段階になるともう「このテクニックは今の自分には必要ないからとりあえず引き出しの奥にしまっておこう」みたいなことも多くなります(それでも今は使わなくとも3年後は使うかもしれないので引き出しのどこにしまったか位は覚えておいた方がいいと思います)

この辺に関してはなかなかシステム化することは難しくむしろマンツーマンでしっかりと個人対応していかなくてはいけない部分です。
コンペティションクラスではこの個人対応を更に一歩進めた形で行っています。
最初の1時間打ち込みの時間がありますが自由に打ち込みをしてもらいそこで自分がリアクションするなどしてその対応を学んでもらったりということもしています。
ある程度まで技術を身に付けた方には自由に技術を伸ばしてもらいつつその技術の組み合わせ方等についてさらっとアドバイスする程度がいいと思います。
大切なのは自分自身で考えることが出来るようにヒントを与えてあげることです。

このようにシステム化出来るところはしていきつつも個人対応をしっかりと心掛けていく、その両輪を上手く回していくことで多くの人が楽しめつつも強い選手が育つ道場になると信じてこれからも頑張っていきたいと思います。


インフォメーション

EXTREME MODERN CONCEPT トップポジション篇 vol.2

秋のキャンペーン

・エクストリームマンスリーモダンセミナーVol2全4回
エクストリームモダンコンセプトトップポジション篇vol2発売を記念してマンスリーセミナー(全4回)をやらせていただきます。
・10月22日 50/50、クロスガードへのパスガード
・11月 日程未定 ラペル系ガードへのパス&カウンターアタック 
■料金 1回4000円
http://shrapnel-bjj.com/1008.htmlシュラプネルオンラインショップ、又は金古から直接「EXTREME MODERN CONCEPT トップポジション篇vol2」を購入頂いた方はセミナー1回分無料。
■場所 シュラプネル柔術大宮アカデミー 
■お申込み  お問合せフォーム よりお願い致します。
所属と氏名、電話番号を明記の上お申込み下さい。
お支払いは当日現金払いとなります。

・シュラプネルオンライン始めています。クラスで教わった内容を動画で確認することで技術の習得は飛躍的に早まります。
希望の方は金古に直接お問い合わせください。

・見学&無料体験随時受付中です。
0482998984まで。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ページ上に戻る

教則DVD販売のご案内
体験レッスンのご案内
プライベートレッスンのご案内

月別アーカイブ