教則DVD販売のご案内
体験レッスンのご案内
プライベートレッスンのご案内

シュラプネル柔術代表が独断で選ぶ好きな外国人プロレスラー10選

2018年6月7日


■アルティメットベーシックセミナーVOL6(クローズドガードの攻防2)
日時:6/10(日)16:00~17:30 場所:シュラプネル大宮
料金:3000円 シュラプネル会員は無料
お申込みはお問い合わせフォームより
■オンライン教則「アルティメットスパイダーガード」絶賛発売中。
ご購入はシュラプネルオンラインショップよりhttps://shrapnelbjj.thebase.in

シュラプネル柔術代表が独断で選ぶ好きな外国人プロレスラー10選

こんにちは、金古です。
今日も先週に引き続きシュラプネル柔術代表が独断で選ぶ好きなプロレスラー10選
好きなプロレスラーを紹介していきたいと思います。
今回は外国人レスラー編です。
それでは早速行きましょう!

10位 スティーブ・ウィリアムス

スティーブ・ウィリアムスといえばなんと言ってもあの垂直落下式バックドロップ。
あれをやられた三沢や川田が何度も死んだかと思いました。
90年代の全日を代表する外国人レスラーでしたね。

9位 アンドレ・ザ・ジャイアント

規格外のでかさのため決してベビーフェイスにはなれませんでしたが、アンドレが登場したときには無条件で相手を応援してしまう(笑)昭和の新日マットには欠かせない存在でした。
田園コロシアムでのハンセンとのド迫力の肉弾戦はこれぞプロレスという醍醐味にあふれていました。

8位 ハルク・ホーガン

日本で活躍していたのは80年代前期のためあまりリアルタイムでしっかり見た記憶はありませんが、あの肉体の美しさは当時のプロレスラーの中では一番でした。
あの特徴的な髭と代名詞であるアックスボンバーも痺れましたね。

7位 スコット・ノートン

90年代の新日を代表する外国人レスラー。
ノートンといえばやはりパワーボム。
天龍や川田等、数々の使い手がいましたが、ノートン程の破壊力を持った使い手はいませんでした。

6位 ゲーリー・オブライト

Uインターを代表する外国人レスラー。
後期はベイダーのせいでやや影が薄くなった感がありましたが、あのジャーマンとフルネルソンスープレックスの切れ味は凄まじいものがありました。

5位 ブルーザー・ブロディ

5位はインテリジェンスモンスター、ブロディです。
あのチェーンを振り回しての入場はプロレスごっこの際よく真似してました(笑)
あまり大技をガンガン出さず、ニードロップ以外は基本技だけで魅了していく職人肌のレスラーでもありましたね。

4 ビッグ・バン・ベイダー

日本でのデビューは新日でしたが個人的にはUインター時代が好きです。
あの強烈な腕パンチとパワーボムが最高でした。
猪木戦で見せた戦慄のジャーマンも衝撃的でした。

3位 ヴォルク・ハン

3位は関接技の魔術師ヴォルク・ハンです。
リングスで初めて試合を見て知恵の輪みたいな関節技に衝撃を受けました。
格闘技を始めたきっかけもヴォルク・ハンみたいに関節を極めたいと思ったからです。
コーレイカ(リバースオモプラータ)はヴォルクハンの試合を見て覚えました。

2位 ロードウォリアーズ

80年代を代表するタッグチームでした。
ビルドアップされた肉体に顔のペイント、トゲの付いた肩パット、アメコミの世界からそのまま抜け出してきたかのようなルックスにやられました。
私もロードウォリアーズに憧れて絵の具で顔にペイントを入れたりしていました(笑)
短時間で勝負を終わらせる秒殺スタイルも痺れました。

1位 スタン・ハンセン

1位はハンセンです。
強い、デカイ、カッコいい!
正に理想の外国人プロレスラーでしたね。
テンガロンハットにベスト、ブルロープというウエスタンスタイルの出で立ちでの入場もかっこ良かったし、なんといってもあの伝家の宝刀、ウエスタンラリアットは他のラリアット使いの追随を許さない説得力でした。

いかがでしょうか?
もう既に亡くなっているレスラーも多く寂しい限りですが、どのレスラーも多くの夢と感動を与えてくれましたね。

みなさんの好きな外国人プロレスラーも教えてくださいね。


見学&無料体験随時受付中です。
0482998984まで。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ページ上に戻る

教則DVD販売のご案内
会員様の声

月別アーカイブ