シュラプネル柔術アカデミーについて

代表挨拶

こんにちは、シュラプネル柔術アカデミー代表の金古一朗です。

29歳で柔術を始め34歳で黒帯を取得し35歳で全日本王者、41歳で年齢別の世界王者になりました。29歳と聞くと、意外に始めたの遅いんだな、と思われる方も多いかもしれません。

格闘技、取っ組み合いが好きだと気付いたのは小学生の頃です。小学3年生の時に初めてテレビでプロレスを見て衝撃を受けた私は、その後6年生になるまでの4年間、毎日毎日飽きることもなく教室の後ろでプロレスごっこに明け暮れました。小学校の頃の将来の夢は当然プロレスラー。

そして中学生になった私は、当時好きだったプロレスラーの長州力さんが中学時代に柔道をやっていたのを知り、柔道部に入部します。中学3年間で背もどんどん伸びてプロレスラーになる・・そんな私の夢は、中学3年になっても全く目標の身長に届かないという現実によってもろくも崩れ去りました。

プロレスラーになることをあきらめた私はその後音楽にのめり込みます。15歳でギターを始めた私は、22歳でギターの講師になります。

その一方、社会人になってからもプロレスや格闘技に対する熱は冷めるどころか熱くなるばかりで、当時人気を博していた総合格闘技イベント「PRIDE」シリーズを毎回胸を躍らせながら見ていました。とは言っても当時は見る側専門、そんな私がやる側になったのは高校の友人の影響によってでした。

高校の友人が当時MMA、総合格闘技のジムに通い始めたのを知った私は、その友人と体育館の柔道場を借りて総合格闘技の自主練(半分以上遊び)をするようになります。そして、その自主練をしてた体育館でプロの総合格闘家の方とたまたま知り合いになり、その方の主催する格闘技サークルに通い始めました。当時はまだブラジリアン柔術ではなく打撃やグラップリングの練習でした。その後どんどん格闘技にはまりこみ、ついにブラジリアン柔術を始める日が来ます。2004年9月のことです。

実は当時、私はブラジリアン柔術はあまり好きではありませんでした。プロレスファンだった私にとって、グレイシー一族はヒールでした。そのグレイシー一族を打ち破っていった桜庭和志選手のファンだった私は、最初こそブラジリアン柔術を始めるのをためらいましたが、当時所属していたジムの代表に半ば強引に勧められて始めました。やってみると予想以上に面白く、すぐに虜になっていきました。長くなりましたがこれが私がブラジリアン柔術を始めるまでのストーリーです。

もう少しだけお付き合いください。私が柔術を始めた当時は今みたいに柔術専門道場がたくさんあって、黒帯がたくさんいて、指導者がたくさんいて、youtube等の情報が溢れている、という時代ではありませんでした。当時所属していた道場もそういった感じで、特に柔術の師匠と呼べる人もいません。

実は今までブラジリアン柔術はほぼ独学で勉強しました。DVDや書籍を見て練習して、それを試合で試し勝ち上がり、5年余りで黒帯になり、全日本4度優勝、マスター世界一等の実績を積むことが出来ました。こういう事例は当時は国内でも珍しかったですが、昨今ではYoutubeを始めさまざまな動画教材が増えたおかげで、独学で強くなる柔術家は世界でもどんどん出てきています。

「きちんとしたテクニックを道場で教えてみんなに柔術を楽しみながら強くなってもらいたい」、「自分のテクニックで教則動画を作り、日本中の柔術家のレベルアップに役立ちたい」

こういった思いは色帯の頃からあったのですが、この思いは年々強くなり、遂に2015年11月シュラプネル柔術アカデミーをさいたま市にオープンさせました。

きちんとしたテクニックを日々道場で指導することで一人でも多くの人に柔術を楽しんでもらう、きちんとした動画教材をしっかりと日本語で説明することで国内の柔術家のレベルアップを図る。これが私の現在の仕事となっています。小学生の頃のプロレスラーになる、という夢がやや形を変えて実現した感じでしょうか(笑)

私自身がブラジリアン柔術によって大きく人生を好転させてもらったように、皆さんにも柔術を通じて自身や余裕、動じない心等、柔術のテクニック以外の部分も手に入れて頂き、幸せな柔術ライフを送ってもらうことに今後も力を注いでいきたいと思います。

金古一朗年表

2004 29歳でブラジリアン柔術と出会う。
2005 わずか半年で青帯取得。
2007 青帯で数々のタイトルを獲得し紫帯に昇格。
2008 茶帯に昇格。その年のJJFJ全日本選手権で優勝。茶帯にして初の全日本王者に。
2010 5年4カ月という異例の速さで黒帯昇格。
黒帯昇格後、初試合でJBJJF全日本選手権に出場、初優勝を果たす。その後テクニカルな柔術スタイルで一気に国内トップに躍り出る。
2011 IBJJF世界選手権に初挑戦も1回戦敗退。
2012 JBJJF全日本選手権で2度目の優勝、IBJJFアジア選手権で初優勝。
2013 JBJJF全日本選手権で3度目の優勝。
2014 JBJJF全日本選手権で4度目の優勝。IBJJF世界選手権でベスト8。
2015 プロ柔術「GROUND IMPACT2015」で加古拓渡選手を破る。この試合を最後にアダルトカテゴリーの試合からは一線を退く。埼玉県さいたま市にシュラプネル柔術アカデミーをオープン。
2016 マスター世界選手権で優勝。念願の世界一に。
2016 全日本選手権を4度制した実績をJBJJF(日本ブラジリアン柔術連盟)より認められJBJJF殿堂入りを果たす。

またテクニカルなスタイルを生かした指導力にも定評がありセミナーや教則DVD等も多数出版。

■主なタイトル

2010、2012、2013、2014、JBJJF全日本ブラジリアン柔術選手権アダルト黒帯ライトフェザー級優勝
2012 IBJJFアジア柔術選手権 アダルト黒帯ライトフェザー級優勝
2013 IBJJF世界マスター柔術選手権 マスター2黒帯ライトフェザー級準優勝
2014 IBJJF世界柔術選手権アダルト黒帯ライトフェザー級ベスト8
2014 IBJJF世界マスター柔術選手権 マスター2黒帯ライトフェザー級3位
2015 IBJJF世界マスター柔術選手権 マスター2黒帯ライトフェザー級3位
2016 IBJJF世界マスター柔術選手権 マスター3黒帯ライトフェザー級優勝

シュラプネル柔術とは?

全日本選手権を4回制覇しマスターの部世界一、JBJJF(日本ブラジリアン柔術連盟)殿堂入りも果たした金古一朗が2015年11月にオープンしたブラジリアン柔術のアカデミーです。

現在大宮、中浦和、さいたま市の二つの拠点で活動しています。

大宮アカデミーは最新設備が整い広いマットスペースが魅力的なアカデミーです。 大宮駅という埼玉県最大のターミナル駅にあるため電車でのアクセスに適しています。(大宮アカデミー内観↓)

中浦和アカデミーは駅から近く(徒歩4分)なおかつ駐車場も完備しているため車で来館される方の利便性に優れています。(中浦和アカデミー内観↓)

会員の皆様は2つのアカデミーを自由に御利用いただけますので会社帰りの平日は大宮、休日は車で通いたいので中浦和、といった感じで御利用下さい。

ブラジリアン柔術について


ブラジリアン柔術は元々は日本古来の武道であった柔術がブラジルに渡り、第1回UFCで一躍有名になったグレイシー一族によって独自の進化を遂げた格闘技です。
昔からの格闘技ファンには【グレイシー柔術】と言えば馴染み深いでしょうか。
打撃はなく、関節技や絞め技で相手を自発的に「参った」させることにより無駄に相手を傷つけることなく相手を制圧することが出来ます。
ここ10年で世界的にも爆発的に競技人口を増やしてきたブラジリアン柔術の魅力を紹介していきましょう。

1、老若男女問わず、誰でも出来る。

ブラジリアン柔術は【マット上のチェス】とも言われる通り、戦術と知識が非常にモノを言う格闘技です。つまり、しっかりとしたテクニックを身に着けていくことにより、誰でも楽しみながら上達することが可能です。幼い頃からトレーニングを積んだ格闘技エリートを、大人になってから始めた文化部出身の選手が打ち破る、なんてことも珍しくありません。
様々な格闘技の中でも特に敷居が低く、老若男女問わずどなたでも取り組むことが出来ます。年齢層的には30代40代のサラリーマンの方が一番多いですが、10代から50代まで幅広い年代の方が取り組まれています。

2、ダイエット効果も抜群

多くのエクササイズに比べ、なぜブラジリアン柔術がエクササイズとして優れている理由は2つ挙げられます。1つ目は、ダイエットに不可欠な無酸素運動と有酸素運動、この二つの異なるタイプの運動効果を同時に得られるからです。

ざっくりいうと無酸素運動はダッシュや高重量の筋トレ等の短い時間で全力を出し切るような運動、有酸素運動はジョギングみたいに強度の弱いトレーニングを長時間やるような運動です。ブラジリアン柔術のトレーニングにはこの二つの要素があります。あまり力を使わず、ジョギング程度の運動の中にぐっと力を入れる場面も随所にあり、上手いこと有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることによりダイエット効果は抜群です。

二つ目は対人競技でゲーム性が強い競技特性により、多少運動がハードになっても楽しいと感じられる点です。これは対人競技である最大のメリットです。格闘技ですが、球技をやっているような感覚で楽しく運動出来るため、気付いたらどんどん痩せていた、という方も少なくありません。

そしてこれは痩せることよりも大事だと思いますが、しっかりとした運動は何より心と体が元気になります。練習が終わった後の爽快感は何事にも代えられません。会社や人間関係のストレスも汗と共に吹き飛ばしてくれます。是非あなたもブラジリアン柔術で心身共に健康になって下さい。

3、格闘技なのに(そこまで)痛くない

ブラジリアン柔術に興味はあるけど、二の足を踏んでいらっしゃる方の中には「やっぱり格闘技だし、痛い思いをしそうで怖い」という方も多いのではないでしょうか。ですが、ブラジリアン柔術は本気で取っ組み合う割には痛みが少ない格闘技だと思います。

多くの打撃系格闘技みたいに顔や体を殴られることはないですし、投げ技も少なく畳に思いきり体を叩きつけられることもありません。勿論、全く痛みがないわけではないですが、これはサッカーやバスケットボール等の球技と比べても同じレベル(たまにボールが強く当たって痛い)位のレベルだと思います。

また多くの会員さんは一般の良識あるサラリーマンが多く、粗暴なふるまいをする方は皆無です。怖がる気持ちは痛いほど分かりますが、是非勇気を出して飛び込んでみてください。

4、道衣がオシャレでファッション性が高い

何かを始める時にカッコいいものを身に着けるというのは大切だと思います。ブラジリアン柔術は道衣が色やデザインが豊富でとてもオシャレなのが特徴的です。好みの色やデザインの道衣を身にまとい練習するだけでテンションが上がること間違いないです。

また最近ではそのファッション性が広く注目されだして、木村拓哉さんや岡田准一さん等の芸能人もブラジリアン柔術をやられる方が増えてきました。オシャレな道衣に身を包んでブラジリアン柔術を始めてみませんか?

無料体験希望の方はこちら!

指導カリキュラムについて

代表指導者である金古一朗は選手としての実績は勿論です、元々ギターの講師をしていたこともありロジカルな技術指導に定評があります。
またクラス自体もレベル分けされているので、初心者の方がついていけず取り残されるようなこともありません。

「ブラジリアン柔術を始めてみたいけど、難しそうだし練習についていけなかったらどうしよう?」
という不安をお持ちの方にお勧めなのがベーシッククラスです。

ベーシッククラスに関しては独自のカリキュラムがあり、これを習得していただくことにより無理なくスムーズに上達出来るようなシステムになっています。

ベーシッククラスを無料体験希望の方はこちら!

指導風景

個人情報の取扱について

個人情報については以下のページでご説明させていただきます。

個人情報保護方針

ページ上に戻る

体験レッスンのご案内
プライベートレッスンのご案内
会員様の声

月別アーカイブ