教則DVD販売のご案内
体験レッスンのご案内
プライベートレッスンのご案内

攻防の流れを掴むために様々なテクニックを学ぶ

2018年11月16日

柔術には無数のテクニックが存在します。
「こんなに多くのテクニックなんて使いこなせないでしょ、必要あるの?」と思う方がいるのも無理はありません。

結論から言うと、全てのテクニックを得意になる必要ありません。
私が普段教えているテクニックの中にも、実はそこまで得意ではないテクニックもあります。

人はそれぞれ手足の長さや体の柔軟性、体重やパワー、思考も違います。
なので人によって得意、不得意なテクニックが出てくるのは仕方のないことです。

ですが、そういったテクニックも身体の使い方、技の概要位は知っておいたほうが良いと思います。
レギュラークラスのテクニッククラスでは攻防の肝、相手がスイープしてくる方向、それに対してどのようなカウンターがあるのか等、単発のテクニックというよりはもっと大きな攻防の流れみたいなものを説明することも多いです。

そのへんの基本的な攻防の流れへの理解が深まってくると、次に相手がしてくることを読めるようになってきます。

さしずめワンピースでいうところの見聞色の覇気といったところでしょうか。
ブラジリアン柔術は非常にアカデミックな格闘技で、そのテクニックを知っているか知っていないかで勝敗が簡単に変わってきます。

なので全てのテクニックを得意になる必要はありませんが、全ての攻防の概要をしっかりと把握しておくことをお勧めします。


見学&無料体験随時受付中です。
0482998984まで。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ページ上に戻る

教則DVD販売のご案内
会員様の声

月別アーカイブ