教則DVD販売のご案内
体験レッスンのご案内
プライベートレッスンのご案内

ワールド?ムンジアル?世界柔術?

2018年6月28日


⬛新作教則動画&DVD「アルティメットスパイダーガード」絶賛発売中。
ご購入はシュラプネルオンラインショップよりhttps://shrapnelbjj.thebase.in

■アルティメットベーシックセミナーVOL7(スパイダーガード)
日時:7/8(日)16:00~17:30 場所:シュラプネル大宮
料金:3000円 シュラプネル会員は無料
お申込みはお問い合わせフォームより

ワールド?ムンジアル?世界柔術?

こんにちは、金古です。
今日はブラジリアン柔術の世界大会についてのお話です。
この世界大会ですが、日本国内での呼称としてムンジアル、WORLD JIU-JITSU CHANPIONSHIP、世界柔術、世界大会、柔術世界選手権、色んな呼び方をされています。
古くからやってる人の間ではムンジアルという呼称が根強いですね。
いつからムンジアルからワールドに呼び名が変わったのかは知りませんが(多分ブラジル開催からアメリカ開催に移った2006年頃?)現在IBJJFのサイトではWORLD JIU-JITSU CHANPIONSHIPとあります。
これを直訳すると「世界柔術選手権」です。
パン選手権も同様で、昔はパンアメリカンだったので略してパンナムと呼ばれていましたが、現在はIBJJFがPAN JIU-JITSU CHANPIONSHIPとして開催していて、国内でもパン選手権という呼称が主流になってきてますが、古くから柔術をやっている人の中にははパンナムと呼んでいる人もいます。

別に愛好家や選手がなんと言おうとそれは自由だと思います。
でもマスメディアに関しては正しい表記をする必要があるのではないかと思います。

マスメディアというと、どこからがマスメディアかという議論もあるかもしれませんが、自分の感覚的にはお金をもらって記事を書いていたり、又はアフィリエイトで収入を得ていたりする場合はもう少し表記の仕方は吟味すべきだと思います(完全無料でやってる個人ブログはどんな表記であろうと全く問題ないと思います)

大会を主催しているIBJJFがWORLD JIU-JITSU CHANPIONSHIPと言ってる以上、そのままか、もしくは日本語に訳して世界柔術選手権が妥当なのかなと個人的には思います(個人的には世界柔術よりは世界選手権のほうがしっくりきます)

別にマスメディア批判をしたいわけではなくて、私達みたいにお金をもらって柔術を教えてる人達にも同じことが言えます。
クラス中に正確な動作を心掛けることは勿論、テクニックに関して正しい呼称を使うことも大切です。
ちなみにシュラプネルでは腕十字や三角絞めなど日本語の呼称が根付いている技に関してはそのまま日本語で教えています。
これはワールドを世界選手権と呼ぶようなものだと考えています。

人に伝えることを生業にする人間として、これからも言葉の使い方には敏感でいたいと思います。


見学&無料体験随時受付中です。
0482998984まで。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ページ上に戻る

教則DVD販売のご案内
会員様の声

月別アーカイブ