教則DVD販売のご案内
体験レッスンのご案内
プライベートレッスンのご案内

テクニックは左右どちらも練習しますか?

2016年12月8日

皆さんはテクニックの練習をする時に左右どちらとも練習しますか?
私自身は取り入れる技術体系の導入時期には左右どちらとも練習することが多いです。
例えばベリンボロの練習は打ち込みを左右どちらともかなり練習しました。
逆にスパイダーガードに関してははぼ右足だけしか張ることはありません。
これは打ち込みをまだやってない時期に得意になったテクニックなので凄く偏りがあります。
仮に今から左のスパイダーの練習をしたとしても右足と同じレベルで使えるようになることはない気がしますのでもう左で練習する気すらありません。
問答無用パスは最初は左右打ち込みしてたんですがスパーリングをこなすうちに気付いたら左ばかりやるようになりいつしか右はほとんどやらなくなりました。
このように片方向ばかりが得意になることはよくありますし別に問題ないと思います。
逆にハーフガード等は相手がどちら側から攻めてくるか分からないので両方向出来た方が良いと思います。
ディフェンス系のテクニック等もしっかりと左右で練習した方が良いですね。
自分から主体的に仕掛けるテクニックに関しては偏りが出てくるのは仕方がないことですがそれを上手く補う技術も必要になってきます。
例えば右のディープハーフが得意な人が反対のハーフにさせられてしまう時は早めにフルガードに戻し更にそこから自分の得意な方のディープハーフに持ち込む技術といった感じです。

私の場合は右手で袖を持ちスパイダーを作りますが相手に警戒されて持てない時はデラヒーバガードに入れることにしています。
そのおかげで右手で袖を握れなくても安心して攻めれるようになりました。
今得意な技術は伸ばしていきつつその体勢まで持ち込めない時のバックアッププランを用意しておけると試合での勝率は上がっていきます。


見学&無料体験随時受付中です。
0482998984まで。
お気軽にお問い合わせ下さい。

ページ上に戻る

教則DVD販売のご案内
会員様の声

月別アーカイブ